職場の同僚の男性や男友達に贈る出産祝いのプレゼント|相場の目安と選び方もご紹介!

SPONSORLINK

女性に比べると、男性、つまり旦那さんは出産祝いについて無頓着だったりします。

男性同士ではよほど仲が良くなければ「おめでとう」の言葉だけで済ましてしまう場合もあるようですが職場でのお付き合いとなるとなかなかそうもいきません。

今回は、贈る方との関係性によって変動する相場などなど同僚へ出産祝いを贈る際に気をつけたいポイントをまとめました。

SPONSORLINK

男友達や同僚など男性に贈る出産祝いのポイント

男友達や同僚など男性に贈る出産祝いのポイント

靴やだっこ紐など実用的すぎるものは使わなくなる可能性も…

実用的すぎるベビーグッズや育児用品はこちらとしては気を利かせたつもりでも、使う時期が非常に限定されてしまうため、その後は使わなくなってしまいます。

二人目以降の出産となれば、すでに持っている場合もあるのでなおさら実用的すぎるものは避けた方がいいでしょう。

赤ちゃん用よりは家族用の方が無難

無駄にしない、長年使ってもらうことなどを考えると家族が使えるものを贈るのが無難です。

中には「赤ちゃんは食べられないけれど」と高級しゃぶしゃぶセットを贈られた方もいるそうですが印象的でとても喜ばれたそうです。

「出産祝い」だから、と難しく考えず他のお祝いごととあまり区別する必要もないのかもしれません。

職場の出産祝いの相場の目安

同僚の場合

入社時期が同じ同僚に贈るなら、個人的に贈る場合は「3000円~5000円」が目安です。

相手が上司や部下の場合も、この金額が基準となります。

上司の場合

上司に贈る場合、相手の役職によっては職場のグループで贈るケースも多いかもしれませんが個人的に贈る場合は「5000円~7000円」が目安です。

同僚に贈る場合よりも少しだけ多めにしつつしかし高くなり過ぎないように気をつけましょう。
どんなにお礼の気持ちを込めたつもりでも礼儀や節度を弁えなければ、あまり印象は良くありません。

SPONSORLINK

部下の場合

部下に贈る場合も、上司とほぼ同様に「5000円~7000円」が目安となりますがこちらの場合は比較的高額なものでも問題ありません。

ただし、高額なものを贈る場合はきちんと「お返しは不要」であることを伝えるなど相手を気遣うことを忘れずに。

男友達や同僚など男性に贈る結婚祝い

タオルセット 今治タオル

今治タオル

お祝いごとの定番である「今治タオル」はオーガニック素材や吸水性の高さからお風呂のあとで赤ちゃんの体を拭くのにも適しています。

それなりに親しい関係でしたら「きちんと家事を手伝うように」という気持ちを込めてメッセージを添えるのもアリです。

絵本

絵本

絵本はあまりかさばらず、いくらもらっても困りません。

持ち運びが楽なので、職場で渡すことができるのも絵本をオススメするポイントです。
また予算に合わせて何冊か選ぶこともできるので出産祝いとしては非常に万能な贈りものでもあります。

絵本を選ぶ際は、他の人と被らないように古くからある名作よりも最新のものをチョイスするのがベター。

おもちゃ

おもちゃ

多くの男性は、赤ちゃんをあやそうとしてもどう遊んでいいかわからず、手をこまねいてしまいます。

そこで「これで一緒に遊んであげてね」とおもちゃをプレゼントしてあげれば子供の相手に慣れていないお父さんでも安心です。大きすぎるものや片付けに手間のかかるものは避け長く使えるものを意識しましょう。

アルバムやデジタルフォトフレーム

アルバムやデジタルフォトフレーム

子供が生まれて、それまでさほど興味を持っていなかったのに我が子の可愛い姿を残そうとカメラに凝りだすお父さんは少なくありません。

そんな方には、デジタルで保存している写真を日常的に眺めることができるよう、アルバムやデジタルフォトフレームをプレゼントしてあげましょう。

図書カード、おもちゃのギフト券、商品券

金券・ギフト券・現金

女性から男性へ贈る場合に特にオススメなのがギフト券や商品券などの金券です。

お祝いに金券の類は味気ないと感じる方もいらっしゃると思いますが個人的に贈る場合、その味気なさがかえって良かったりもします。

職場の女性から旦那さんへ気持ちのこもったプレゼントをいただくとあまり良い気がしない、という奥さんの声も少なくないのであなたが奥さんと面識がない場合は、特に気をつけるようにしましょう。

SPONSORLINK

ABOUTこの記事をかいた人

大切な方へのプレゼントや贈り物探しのお手伝いをする情報サイトです。おすすめの品物はもちろん、人気ランキングや作法・マナーもご紹介しながら人生の節目やお礼など色んなシーンで喜ばれるものをまとめています。