女性新入社員の名刺入れ|人気ブランドと選ぶときのポイント

SPONSORLINK

名刺入れ、それは新入社員に無くてはならないアイテムの1つ。出来るだけ早めに揃えておきたいものですよね!

しかし新入社員、特に女性の方は新社会人時に買うことが多くどんなものを選ぶべきか悩むこともあるそうです。
そんな女性新入社員向けに今回は名刺入れの選び方の注意点を紹介します、プレゼントなどに贈る際にも有効ですので是非頭に入れておいてくださいね。                          

SPONSORLINK

女性新入社員が名刺入れを選ぶときのポイント

選ぶときのポイント

初めて名刺入れを購入する人でも気をつけたい注意点として主に3つあげられます。
選び方の基準として参考にしてくださいね。大体一般的なビジネスマナーに沿うものとなっています。            

何枚入りますか?

基本として迷ったら50枚を目安として選ぶと良いです。
ただし営業職や人付き合いが多そうな職種の人はそれ以上の枚数入ると仕事がしやすいでしょう。少ないと一日のうちに何回か補充したりすることになるので…。

仕事先の人に会わないような人でもマナーとして持っておくことが大事です。いつ他社の人とお会いするか分かりませんからね。

派手orハイブランドは避けるほうが無難

名刺入れはビジネスシーンで使う場面が多く目に付きやすいです。

注意点として派手な色や高そうな物だと自身の新入社員という立ち位置と合わない場合があるので出来るだけ避けましょう。
特に色は人が見ることを意識して決めてくださいね。

ハイブランドの物は先輩や上司を立てる意味でも持ち歩かないほうが良いかもしれません、名刺入れは取引先だけではなく職場での印象にも影響するので出来るだけ無難な物を使うべきです。                           

色は黒・茶・紺から選ぼう!スチール製はイマイチ

名刺入れの一般的なビジネスカラーとしては黒・茶・紺がお勧めです。
近年では様々な色の物、お洒落な物がよく目につきますが基本の3色以外はビジネスマナーとしては不適当です。

スチール製は指紋や皮脂が付きやすいのでおかしな印象を与えがちです。名刺入れは長く使うことが一般的なので材質にも気を使ってくださいね。

 

女性新入社員におすすめの名刺入れブランドBEST4

それでも名刺入れが決められない女性新入社員の方向けに名刺入れブランドを特徴ごとにお伝えします!ブランドにお悩みの時はこちらから選ぶと良いですよ!   

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)

ホワイトハウスコックス

1875年創業から長く続いているブランドです。
それだけに洗練された技術や仕上がりは見事な物でビジネスでの用途も考えられます。天然素材で出来ているから物持ちも良いのが特徴です。   

SPONSORLINK

Samantha Thavasa Petit Choice(サマンサタバサプチチョイス)

サマンサタバサ

このブランドはスマートなボディが特徴的で中も2つに分かれているから実用性も十分。
値段もそこまで高くなく初めての名刺入れとしては候補に入りやすいシリーズですよ。外見も女性的なイメージを抱きやすいものなので若年層に人気のブランドです。

IL BISONTE(イルビゾンテ)    

イルビゾンテ

天然の皮を使用しているブランド。皮ごとに微妙な模様も違うので愛着も湧きやすい!
機能やデザインもシンプルで使う人を選ばない作りとなっています。一点物に近いような模様などの個性は他のブランドでは余り見られない要素となっています。

CYPRIS(キプリス)

キプリス

馬尻の部分など貴重な革を使っているブランド、素材の良さを活かすためシワやシミ等名刺入れとして味わい深さを感じるようになっています。
中も実用的で名刺が多く入るような工夫もあります。
オンラインの品揃えも充実してるのでお手軽に購入できるのも良いポイント。

 

まとめ

新入社員の方向けに名刺入れの選び方を紹介してみましたが参考になったでしょうか。

今は様々なブランドがありますが基本的なビジネスマナーを踏まえて選ぶ事で仕事を充実させる要素となるでしょう。
今の時代名刺入れを買うところから社会人生活が始まると言っても過言ではありませんので出来るだけ長い付き合いをしていける名刺入れを選びましょうね。

SPONSORLINK

ABOUTこの記事をかいた人

大切な方へのプレゼントや贈り物探しのお手伝いをする情報サイトです。おすすめの品物はもちろん、人気ランキングや作法・マナーもご紹介しながら人生の節目やお礼など色んなシーンで喜ばれるものをまとめています。