キャリアオイルとは|種類別の効能まとめ

SPONSORLINK

オイルを使ってリフレッシュするのは心身ともにとっても心が安らぐし、体にも良い効果があるものばかりです。

いざ使ってみようとすると絶対に出てくる言葉「キャリアオイル」。
キャリアオイルって何?どんな意味があるの??

今回はそんな疑問にお答えしながら、キャリアオイルの種類とその効能をご紹介します。

SPONSORLINK

キャリアオイルとは

キャリアオイルとは

キャリアオイルとは、マッサージなどで使われるベースとなるオイルのことです。
エッセンシャルオイル(精油)を使う場合には、そのままだと人体には刺激が強すぎて直接肌につけることができないため、このキャリアオイルの中にエッセンシャルオイルを混ぜて薄めて使います。エッセンシャルオイルのベースとなることからベースオイルとも呼ばれます。

精油の成分を皮膚に吸収しやすくして体内に運ぶ(=carry)ことからキャリアオイルと言うんですね。
マッサージやスキンケア、ヘアケアにエッセンシャルオイルを使う場合には必須とも言えます。

種類別キャリアオイルの効能(50音順)

キャリアオイルまとめ

あ行

  • アーモンド・・・ 保湿効果と美白効果
  • アプリコットカーネル・・・肌荒れに最適。フェイシャルマッサージに
  • アボカド・・・潤い効果が高いのでかかとやひじのマッサージに
  • アルニカ・・・筋肉疲労、肩こり、腰痛、関節痛
  • アルガン・・・アンチエイジングと保湿効果
  • アロエベラ・・・肌トラブルに万能。にきび、湿しん、肌荒れ、かゆみ、保湿・美肌
  • イブニングプリムローズ・・・アトピー性皮膚炎やアレルギーに。月経前緊張症や更年期障害に
  • ウィートジャム・・・抗酸化作用が高く、肌荒れひび割れに
  • ウォールナッツ・・・皮膚全般。湿しん、皮膚病のかゆみ、頭皮のかゆみ。火傷にも有効
  • エミュー・・・紫外線防止、日焼け防止効果。保湿、浸透も○
  • オリーブ・・・初心者はこれからが○。老化肌、乾燥肌の保湿、髪や頭皮のケアに
  • オリーブスクワラン・・・老化防止、アンチエイジング

か行

  • カスター・・・湿布や局所などに。粘度が高いのでマッサージには不向き。クレオパトラも愛用
  • カメリア(椿)・・・紫外線から髪と肌を守る。保湿、乾燥肌、老化肌に
  • カレンデュラ・・・肌荒れ、傷ついた肌のケアに。シワ・たるみ防止にも
  • キウイフルーツシード・・・天然の乳化剤、老化防止に
  • キャスター(ひまし油)・・・保湿、乾燥肌、ヘアケアに。
  • キャロット・・・肌の老化をストップ。シワ、手荒れ、荒れた唇にも○
  • ククイナッツ・・・日常の肌トラブル全般に。スキンケア、日焼け後のケア、にきびや湿しん
  • グレープシード・・・初心者にオススメ。肌のなじみがよくマッサージに向く
  • ココアバター・・・甘い香りでリラックスしながら美肌に
  • ココナッツ・・・ダイエット、ヘアケア、スキンケア。白髪や抜け毛の予防にも

さ行

  • サンフラワー・・・皮膚を柔らかくし潤い効果もあるのでマッサージに○
  • シアバター・・・浸透力抜群、肌と髪の保湿・再生に
  • スイートアーモンド・・・敏感肌の方におすすめ
  • セサミ・・・天然の抗酸化作用によりアンチエイジングに
  • セントジョーンズワート・・・むくみ、だるさ。傷や炎症、皮膚のトラブル。打撲、捻挫、リウマチに。
  • ソヤ・・・皮膚の乾燥と栄養補給に

それ以外

  • タマヌ(カロフィラム)・・・髪や頭皮の悩みに。スキンケアにも
  • ニーム・・・湿しん、水虫、などの肌トラブルに
  • バオバブ・・・保湿、美白に優れる。乾燥肌、敏感肌にも。
  • パッションフラワー・・・リラックスと鎮静効果で安眠
  • ピーチカーネル・・・アンチエイジング、アトピー性皮膚炎の防止
  • ヒッポファエ・・・にきび、湿しんに。美容オイル・マッサージオイルにも○
  • フラックシード・・・保湿、肌の再生、老化防止
  • ブラッククミン・・・にきび、老化肌に
  • プルーンシード・・・乾燥肌、老化肌、傷ついた肌の改善に○
  • ヘーゼルナッツ・・・肌の保湿、荒れた肌の再生、老化防止
  • ヘンプシード・・・保湿力が高いのでスキンケアやマッサージに
  • ホホバ・・・スキンケア、ヘアケア、肌荒れなどどんな用途にも○
  • ポメグラネイトシード・・・乾燥肌、老化肌に。日焼け後のケアに最適
  • ボリジ(ボラジ)・・・アンチエイジングに。アレルギー性皮膚炎や湿しんの改善
  • マカダミア・・・アンチエイジング、若返り
  • ローズヒップ・・・肌のハリと潤いに。シミ、老化肌などの皮膚の再生に
  • 小麦胚芽油(ウィートジャム)・・・乾燥肌、敏感肌に
  • 馬油・・・肌になじみやすいオイル。肌のかゆみ、湿しん、やけどに

 

キャリアオイルの使い方

キャリアオイルの使い方
SPONSORLINK

マッサージ

マッサージにキャリアオイルを使うことで手の動きをなめらかにし、オイルの成分を肌になじませることができます。
またエッセンシャルオイル(精油)を使う場合には精油の成分を満遍なく行き渡らせる効果があります。

分量の目安は半身マッサージだと5ml程度、全身マッサージだと10ml程度。

エッセンシャルオイルとの使い方は下記記事を参考にしてください。

アロママッサージオイルを選ぶときの注意点と正しい使い方をご紹介

2016.02.09

スキンケア

フェイシャルケアも含めたスキンケア全般にも。

ビタミンやミネラルなどの栄養素を含んだオイルを使用することで、肌を保護し潤いを与えます。
また髪が乾燥する季節などは洗った後にオイルをなじませることでツヤを生んでパサつきと広がりを抑える働きがあります。

入浴

湯船に小さじ1杯ほど入れて温まることで、保湿効果が生まれて入浴後のお肌の潤いを保つことができます。

またエッセンシャルオイル(精油)をお風呂に入れる場合でも、キャリアオイルと入れておくことで全身へ広がって肌への刺激をやわらげてくれる効果があります。

SPONSORLINK

ABOUTこの記事をかいた人

大切な方へのプレゼントや贈り物探しのお手伝いをする情報サイトです。おすすめの品物はもちろん、人気ランキングや作法・マナーもご紹介しながら人生の節目やお礼など色んなシーンで喜ばれるものをまとめています。