クリスマスの意味と料理(食べ物)の意味を知ってもっと楽しもう

SPONSORLINK

みなさん、もうクリスマスのパーティプランは決まりましたか?
一年に一度きり。やっぱり記憶に残るクリスマスにしたい!

ささやかにクリスマスを祝うのもよし。みんなで賑やかに騒ぐもよし。1人を楽しんでもよし。
恋人と一緒に過ごせる幸せ組は羨ましい。
豪華ディナーを作って、家族そろってクリスマスパーティも楽しいですね。

クリスマスディナーといえば、何気なく毎年食べているチキン。
ケンタッキーのパーティバーレルで手抜きする年もありますが、なぜチキンを食べるんでしょうか?
今回はクリスマスの意味やクリスマスに食べる料理に注目してみました!

SPONSORLINK

そもそもクリスマスって何?

クリスマスの意味

クリスマスになると『メリークリスマス!!』と声を掛け合いますが、正しい意味をご存じですか?
めでたい感じは満載だけど意味までは深く考えてないですよね。
「キリスト様のお誕生日」くらいは知っていても言葉の意味までは・・・という方も多いはず。

そこで調べてみると・・・・なんとお誕生日説は誤りだという事実。
正しくは、12月25日クリスマスは、イエス キリストの降誕祭なのです。

お子さんに説明するときは、こんな感じでしょうか。
『クリスマスはキリスト様っていう神様が、この地にきてくれた日なんだよ』
ちなみにイエス・キリストの生まれた翌年が紀元元年ですね。

クリスマスの起源

クリスマスの語源はChrist(キリスト)mas(ミサ=礼拝)と言われています。
12月25日がクリスマス認定されたのは、『冬至』が深く関係していました。

はるか昔ローマ帝国時代では、太陽信仰が盛んで、冬至を復活祭として重要視されていました。
『冬至』=一日の日照時間が長くなっていく切替り日=太陽の復活という解釈なんですね。

この信仰心をうまく切り替えて、太陽の復活=キリスト(光の人)降誕ということで、キリスト降り立った日としてお祝いされるようになった。

「メリー」ってどういう意味

何の気なしにつかっていますが、そもそも「メリーってなんだ?」と気になりますね。
「Merry(メリー)」は「楽しい・陽気な・良い・素敵な」という意味にもなります。

メリークリスマス!

ケーキはなぜ食べるの?

世界のそれぞれの国では、クリスマスの定番料理やスィーツがあります。全てが同じではないのですね。
見た目も様々で、ケーキであったりなかったり、ケーキにこだわるのは日本人だけかもしれません。

日本でケーキが食べられるのが一般的になったのはお菓子屋さんの「不二家」の創業者のプロモーションだそうです。
キリストの誕生日ケーキを、ということで普及したというお話です。
実は戦略だったのですね!

クリスマスの料理(食べ物)の意味

日本では、まだまだ歴史の浅いクリスマスですが、クリスマスの定番料理はまだまだありますよ。

SPONSORLINK

七面鳥・チキン

クリスマスに七面鳥やチキンを食べるのはアメリカ。

七面鳥は、縁起物として感謝祭やクリスマス・結婚式等で出されます。
その起源のアメリカの建国時代では、苦しい生活の中で、七面鳥を貴重な食料として乗り越えた歴史があるからです。
七面鳥を食べる事自体に『感謝』という意味があるんです。

テーブルにあるだけでパーティー感もでるしご馳走の雰囲気満点ですよね。

ローストビーフ

イギリスでは、ローストビーフは豪華メインディッシュの存在。
イギリス人は牛肉が大好きですから、ビフテキと並んで人気のご馳走だそうです。

クリスマスの定番メイン料理です。

クリスマスケーキ

クリスマスケーキは、不二家の戦略だったわけですが、イチゴのショートケーキをイメージ戦略で売り出したんです!

雪をイメージする真っ白なクリーム、サンタを連想させるイチゴ。
そして日本的な要素として紅白の見た目はめでたい縁起物をイメージできますよね。

今では普通にクリスマスはケーキ!と思い浮かべてしまうんですからすごいことですよね。

シュト―レン

最近、日本でも定番になってきたシュト―レン。これはドイツ発祥のお菓子です。

ブランデーなどに浸しておいたドライフルーツが入っている甘いパンで、保存が効きます。
粉砂糖がまぶしてあり、赤ん坊であるキリストの産着になぞらえたとされるクリスマスのお菓子です。

クリスマスのカウントダウンに合わせて、楽しく食べるのが習慣。
今年はちょっと気分を変えてシュト―レンでクリスマス気分盛り上げてみてはいかがですか?

ブッシュドノエル

いっつもショートケーキ・・・という方は、ブッシュドノエルを是非。
木の形をしたケーキにサンタが見え隠れ。見た目の可愛さにお子さんも喜びますよ。

ブッシュドノエルはフランス発祥で、ブッシュは木・丸太、ノエルはクリスマスという意味を持ちます。

家族団らんで過ごすクリスマスには、一年の家族の幸せを祈って特別選ばれた薪を飾り付けて燃やしたそうです。
家族の幸せを祈る。という意味のブッシュドノエル。
日本のクリスマスにも是非どうぞ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
クリスマスになると普通に使っている言葉でも意外と知らないことがあったのではないですか?
食べ物も意味が分かるとクリスマスの過ごし方が変わってきますよね。

それではよいクリスマスを!

メリークリスマス!

SPONSORLINK

ABOUTこの記事をかいた人

大切な方へのプレゼントや贈り物探しのお手伝いをする情報サイトです。おすすめの品物はもちろん、人気ランキングや作法・マナーもご紹介しながら人生の節目やお礼など色んなシーンで喜ばれるものをまとめています。