子供のクリスマス会の出し物やゲームは何をする?おうちでできるアイデアを紹介

SPONSORLINK

おうちでホームパーティ!なんて一度は憧れますね。
SNSなどでホームパーティの投稿を見ると、とても楽しそうでオシャレな画像が目に飛び込んできます。

今年のクリスマスは、気の合うママ友・お子さんのお友達を集めて、クリスマス会をしたいな!
と考えている方も多いのではないでしょうか?

お子さんも6歳以下となると、会場探しも大変ですよね。
子供って、飽きちゃうと、ちっともジーーーッとしていませんから、ロクな事にはなりません。
そうなると「おうちdeクリスマス会」が一番手軽ですよ。

小さいお子さんも、大人も飽きず楽しく盛り上がりたい!と考えている方へ。
いろんな「おうちdeクリスマス会」のゲームや出し物アイデアをご紹介していきましょう。

SPONSORLINK

おうちでできるクリスマス会の注意点

一番の注意点は、やっぱり皆が楽しめること。これに尽きますね。
パーティプランは、参加するママ友みんなで考えるのも楽しい時間になりますよ。

景品がある場合はみんなに

参加賞でもいいので、参加人数分は用意しましょう。
これは鉄則!
「あのこは貰えたのに…わたしは貰えなかった。」
これだけでテンションダウン。なんてこともありますから。みんな平等に。

大がかりな仕掛けは必要ない

皆で楽しめるすんごいの!とお金かけて大掛かりな用意はしなくても大丈夫です。
子供たちは、想像力が豊かですし、遊びの達人ですから、テンションを上げるよう盛り上げてあげるのが一番です。

年齢によっては興味がない場合も

参加するお子さんが同年代でもないかもしれませんね。
お子さんの年齢や、性別でも、興味のあるなしがあります。
大体の年齢層でレベルが変わりますから、参加する子のリサーチが重要です。
5歳のお兄ちゃんは楽しいけど…3歳の妹ちゃんには難しすぎ。なんてことにならない様に。

お家でできるクリスマス会の出し物やゲーム

それでは、みんなで楽しむには、どんな出し物・ゲームが向いているのか
クリスマス会のアイデアをご紹介していきましょう。

プレゼント交換

やっぱりクリスマス会といったら鉄板!プレゼント交換は外せないですよね。
1人300~500円程度で予算を事前に決めて、プレゼントを用意してもらいます。
選ぶのはお子さんと相談して選びましょう。
ラッピングを可愛くしておくと、交換するときに喜ばれます。

SPONSORLINK

クイズ大会

クイズといっても、内容は幅広いので、意外に難しいジャンルです。
小さい子でもわかるように、答えは動物や身近なモノになるようなクイズが○。

  • 影絵当てクイズ :影絵の名前を当てます
  • 名前当てクイズ :隠れているイラストの名前を当てます

ビンゴゲーム

よく見る大人版ビンゴと一緒ではありませんよ。
幼児向けビンゴは、数字ではなくイラストを使いましょう!
カードは手書きでも作れますし、ネットで印刷用が検索できます。
升目は9・16・25など、人数に合わせて調節しましょう。
イラストは、動物・食べ物・身近なモノ、子どもが理解できればなんでもOKです。

手品

難しい手品はNG。簡単なもので大ウケ間違いなし!
昔ながらの親指離れを導入でやってみても、親も楽しめます。
トランプの数字当てが分り易そうです。

ただし、子供相手だからと手抜きはダメ!練習は必須。
手品師の怪しい雰囲気作りもしてもらいたいところ。
付け髭&サングラスあたりで如何でしょうか。

ペープナート

ペープナートとは、ミニチュア人形劇のような紙芝居です。
割りばしに張り付けた登場人物で、紙芝居をします。
キャラクターは、表情で何個か作ると子供ウケしそうですね。大掛かりに作りこむ必要はないので、笑いを取ることに専念しましょう。

  • 登場人物により変わりますが3人~4人で構成
  • 大人の協力と練習と演技力が必要

子どもの注目を集めたいときにはコレ。
みんなお歌大好きですから、劇をする前や、ゲームをする前の導入にぴったりです。
みんなが知っているリズムの良い歌がいいですね。
クリスマス会なのでクリスマスソングをチョイスしました。

  • あわてんぼうのサンタクロース
  • 赤鼻のトナカイ
  • ジングルベル
  • サンタが街にやってくる

手遊び

こちらも歌同様に導入にぴったりです。小さいお子さんでもできる簡単なモノをチョイスしました。

  • こぶじいさん(アンパンマンverもあります)
  • グーチョキパーでなにつくろう
  • キャベツの中から 

登場人物を参加者にかえてもおもしろいですよね。

フルーツバスケット・なんでもバスケット

大人も子供も大興奮の、みんな大好きフルーツバスケットです。
狭い場所で危ない場合は、座っても出来ます。

  1. 1人鬼を決めて、鬼以外の子は、リンゴ・みかん・イチゴなど割り当てを決める。
  2.  鬼はセンターに立って、回りを円で囲んで座る。
  3. 鬼は、割り当てたフルーツの名前を言って席を奪う。呼ばれた子が、立ち上がって席移動する。
  4. 座れなかった子が次の鬼。
  5. 3回鬼に当たった子は、質問や自己紹介などする。

フルーツの名前でなく、『黒い服』『めがね』など自由にするのが、なんでもバスケット。

ボードゲーム(人生ゲーム)

ちょっと遊び疲れてきたころに、小休止できます。
ルールも簡単なものなので大人が入らなくても子供だけで遊んでくれるのも大きなポイント。

パネルシアター

こちらは布版紙芝居。
登場するイラストを貼り付けてストーリーを進めます。
ハンドメイドの作品が多いので、作ってプレゼントなんてのもいいかも知れません。

まとめ

いかがでしたか?
みんなで楽しめそうなアイデアが沢山でしたね。
楽しい「おうちdeクリスマス会」をプランニングして、子どもたちの沢山の笑顔がみられますように。

SPONSORLINK

ABOUTこの記事をかいた人

大切な方へのプレゼントや贈り物探しのお手伝いをする情報サイトです。おすすめの品物はもちろん、人気ランキングや作法・マナーもご紹介しながら人生の節目やお礼など色んなシーンで喜ばれるものをまとめています。