社会人女性にハンカチを贈るときに絶対ハズさないブランドTOP10|プレゼントする意味と贈り方もご紹介!

SPONSORLINK

あなたは贈り物をするときどんなことを考えますか?
まず、相手がどんなヒトか、付き合っているヒト、日ごろお世話になっているヒトまた趣味は何かなど色々なことを考えながらプレゼントを選ばれるんじゃないでしょうか。

デザインも豊富で、値段も手ごろ、そして相手の女性が好きなブランドからも選んだりできるハンカチは贈り物としては万能です。

今回は女性へハンカチをプレゼントするときに注意したい点とオススメのブランドをご紹介します!

 

SPONSORLINK

ハンカチをプレゼントするときの注意点

ハンカチをプレゼントするときの注意点

「別れ」を意味する贈り物、ハンカチ

贈り物の代表格ともいえるハンカチに実は贈り物としては不向きな意味があるって知っていましたか?
ハンカチを漢字で書くと「手巾(てぎれ)」と書き、縁を切るまたは手切れからハンカチは「別れ」を意味します。

贈るには相応しくないば場合もあることは覚えておきましょう。

白は避けよう

この暑い夏にはとくにハンカチは重宝します。
季節柄さわやかな色を贈り物として選択させれる方も多いとはおもいますが、「白いハンカチ」はできれば避けたほうがいいかもしれません。

これはご遺体の顔にかける白い布を思い起こされることからこのようにいわれています。
特に平織りの白いハンカチは避けた方がいいでしょう。

もちろんおめでたいときの贈り物としてはNG

普段何気ないときや日ごろの感謝を伝える際の贈り物としては問題ないハンカチですが、結婚祝いや結婚記念日などのおめでたいときにはその意味合いからも不向きと言えます。

また、諸外国でも中国などでは日本と同様に別れを意味するところもあるようなので、贈り物をされる際に「日本人ではないから大丈夫」とされるよりもきちんと下調べが必要かもしれません。

 

ちょっとした気遣いをプラスして贈ろう

ちょっとした気遣いをプラスして贈ろう

当然この記事をお読みの方の中にもハンカチを贈り物として受け取ったことがあったり、渡したりしたことがあるひともいると思います。でも、それは決して間違いではないし肩を落とす必要はありません。

アイディアひとつで贈り物を特別なものにしたり、ハンカチのように否定的な意味合いをもつ贈り物がプラスに転じたりする方法をご存知ですか。

相手に対しての日ごろの感謝だったり、おめでとうという気持ちを伝えたり、それを形として贈る、そういう気持ちを伝えるのが贈り物です。
つまり贈る側のあなたが相手を想うきもちが伝わればそれはどんなものであれ最高の贈り物と言えるでしょう。

イニシャル刺繍を入れる

相手に特別な想いを伝える方法として紹介させてもらうのがイニシャル刺繍をハンカチにいれる方法です。
贈り物をする相手の好きそうなデザインや色を選んで、そこにイニシャル刺繍をすることで相手の女性もネガティブに受け取ることはないでしょう。

最近では贈り物用に刺繍をしてくれるお店もインターネットショップなどでも増えてきました。一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

SPONSORLINK

お手紙を添える

最近は相手に気持ちを伝えるときスマホアプリなどでやりがちですよね。
でも、やっぱり自分の気持ちを伝えるなら手紙が一番です。

たとえば贈りものと一緒に「これからも頼りにしてます」とか「いつまでも一緒に」などの「別れ」とは逆の意味のことばを添えることで相手もポジティブに捉えてくれます。

ハンカチだけじゃなくて他にも何か一緒に贈る

ハンカチだけじゃ物足りないわけじゃないけれどもうひとつ何かべつのものと一緒に贈ることでネガティブに捉えられることもありません。

相手の女性は甘いものが好きですか?スポーツが好きですか?ハンカチ以外に贈りたいものはありませんでしたか?
こうして相手のことを思って色々悩むことも楽しむとより気持ちのこもった贈り物になるでしょう。

 

社会人女性にハンカチを贈るときに絶対ハズさないブランドTOP10

ジルスチュアート(JILL STUART)

ジルスチュアート

既成概念から飛び出して、すべての女の子へ自由や自分らしさの追求とかわいらしさの提案をしているブランド、ジルスチュアート。
女の子らしいデザインや雰囲気が好きな人は喜んでくれること間違いなし!

バーバリー(Burberry)

バーバリー

90年代後半より「オードリー・ヘップバーン」が20代だったらなにを着たいかをコンセプトに進化し続けるバーバリー。
イギリスでトレンチコートのブランドとして誕生したバーバリーは、ブルーレーベルやブラックレーベルと洗練されたデザインのブランドラインナップをそろえ、2015年5月よりブランド直営店として満を持して展開中。

アナスイ(ANNA SUI)

アナスイ

ファッション界でもユニークで、着る人の想像力を掻き立てるAnna Suiのコレクションは、ビンテージスタイルに惹きつけるカルチャーを組み合わせ、生き生きとした個性的な洋服を次々と生み出しています。
そんなテイストを受け継ぐ小物やファッション雑貨は、女の子であれば必ず一つは小物を持っているブランドの一つでしょう。

イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)

イヴサンローラン

洋服はもちろん小物やアクセサリーも展開するイヴ・サンローラン。

トム・フォードの登場によってモード界の帝王と呼ばれたイヴ・サンローランは今もなおフランスを代表するファッションの王道と言えるでしょう。
高品質で厳選された素材のハンカチはファッションでも実用面でも間違いない贈り物になるでしょう。

ラデュレ(LADUREE)

ラデュレ

マカロンで有名なラデュレ。
そんなお菓子ブランドも雑貨を発表しているのをご存じでしょうか?

マカロンやお店のテイストをそのまま閉じ込めたような雑貨は、柔らかく女性らしい印象のラインナップが揃います。 

ジムトンプソン(JIM THOMPSON)

ジムトンプソン

世界に誇る伝統工芸といえばタイシルク。
その美しい色彩と上質なタイシルクを使ったスカーフやハンカチは種類が豊富で人ともかぶることがないでしょう。

ジバンシィ(Givenchy)

ジバンシィ

永遠のテーマである「エレガンス」「強さ」「大胆」「官能」の精神を受け継ぎ、現代の革新性で昇華させたデザインが最大の特徴。
ジバンシィは女性たち一人一人の個性と、その人だけの最高の美しさを輝かせています。

ラルフローレン(Ralph Lauren)

ラルフローレン

トレンドを幅広く取り入れ、革新的でファッションシーンをリードするラルフローレンは時代や年齢を問わず世界中で広く愛されるファッションでしょう。
ポロシャツの印象からか男性的なデザインが多いとお思いの方もいるかともいますが、カラーやデザインともに洗練された女性を演出できるようなものも多く揃っています。

フェイラー(FEILER)

フェイラー

歴史とともに歩み続けてきたFEILERの上質なデザインと品質は手に取ったヒトに寄り添いともに時を刻みます。
定番のハンカチとが言い難いですが、何枚もハンカチをお持ちの方や少しご年配の方への贈り物としてとても喜ばれるブランドです。

マリメッコ(Marimekko)

マリメッコ

独創的な色彩とプリントでその名を広く世界に知られているマリメッコ。
同じ柄でも色んな色があるので色違いだったり、同じ柄の違うアイテムのセットで贈るのも非常に喜ばれます。

SPONSORLINK

ABOUTこの記事をかいた人

大切な方へのプレゼントや贈り物探しのお手伝いをする情報サイトです。おすすめの品物はもちろん、人気ランキングや作法・マナーもご紹介しながら人生の節目やお礼など色んなシーンで喜ばれるものをまとめています。