子供へのクリスマスプレゼントの渡し方はどうする?いつ渡す?どうやって渡す?

SPONSORLINK

子供へのクリスマスプレゼントの渡し方はどうしよう?
「サンタさんからプレゼントが届いたよ!」
そういって喜ぶお子さんの姿を見て今年のミッション成功!と小さくガッツポーズをするクリスマス。

毎年、様々な難関がありますが、毎年悩みませんか?

『プレゼントいつ渡そうかな』
『どうやって渡そうかな』

何だかんだで、あやふやなままにクリスマスが過ぎていきますが
ここで悩みや疑問を解消してみましょう。

SPONSORLINK

クリスマスプレゼントを渡す前に

そもそものクリスマス発祥はどこの国なんだ!という疑問が、新たに出てきましたのでクリスマスの基本情報を簡単に調べました。

  • クリスマスの発祥は、昔のローマと言われている。
  • クリスマスは、イエス・キリストの生誕祭。
  • 日本のクリスマスはイギリス式。アメリカも同じ。
  • イギリス式のクリスマスは『家族と自宅で一緒に過ごす』のが主流。

クリスマスの基本情報を踏まえて、疑問をひも解いていきましょう。

プレゼントはいつ渡せばいい?

正式には25日。
イギリス式では、25日にサンタクロースがプレゼントを持ってくるそうです。
ですので25日の朝に渡せるのが理想ですね。

でも、実際は生活スタイルで変動する場合もありますから
「今日はサンタさん、忙しすぎて来れなかった!」という一言で、お子さんも意外にも納得したりします。

日本だと祝日の12/23に渡したいなど、各家庭の事情があるなら、その日に決めてしまってもいいですね。
ご家庭で、クリスマスのご馳走が出た次の日に渡すなど習慣を作ってもいいかもしれません。

サンタとしてか親としてか

これも悩みどころですが、アメリカでは25日のクリスマスツリーの下に、サンタクロースからと、家族からとプレゼントが置いてあるそうですよ。
なるほど、これなら悩みませんね!

ここは、ハッキリさせなきゃいけない理由はないですよね。
むしろ、曖昧にしておいた方が夢があっていいですよね。

『サンタさんは親らしい』という情報は、小学校に上がればお友達同士の中で出てきます。
『でも…本当はいるかも。』と思っているお子さんは必ずいまから、夢を見ればいいのではないしょうか。

もし親から渡すにしても『サンタさんから預かってきたよ』という一言を添えて。
子供の夢を壊さないようにしましょうね。

プレゼントをいつ渡すかの具体例

どんなパターンでプレゼントを渡そうかも悩みどころです。
いくつかパターンをご紹介しましょう。

子供が寝ている間に

寝ている間に枕元に置くなら、早朝に置くか深夜がベストです。
なぜなら寝付いた後だと、眠りが浅くて気づかれてしまう危険があります。

サンタを見ようと狸寝入りしている場合もありますから。
プレゼント渡しは慎重に!

サンタに変装して

サンタさんがプレゼントを渡しにきたら、お子さんも泣いて喜びそうです!
ただサプライズ過ぎて、ビックリして泣いてしまったなんて話もありますのでご注意を。

完璧なシナリオで、本物を装うのか。
バレバレで勢いだけで突撃するのか。

全国のパパさん、検討を祈ります!

SPONSORLINK

宝探し風に

朝起きたら、プレゼントはなくてメッセージカードが枕元に。
カードを開けてみると、『引出しを開けてみて!』なんて誘導が。
次々と追っていくとプレゼントが!なんていうのも夢があります。

宝の地図でも楽しそうです。
サプライズはいくつあっても喜びますよ。

パーティの最中に

クリスマスパーティで、プレゼントタイムとしてプレゼントを渡すパターン。
これは親として渡すプレゼント。
そのあとに、サンタさんがやってきた!というサプライズもアリですね。

パーティの最中なら、多少演出もしてみても。
鈴の音が聞こえてくるとか、音楽を流してみたり、部屋を暗くしたりなんていうのも良いですよね。

まとめ

今年のクリスマスは、どうプレゼント渡しますか?
お子さんの喜ぶ顔や驚いた顔が浮かんできます。

折角なので、記憶に残るビックサプライズを仕掛けてみてはいかがでしょうか。
ミッション成功するよう祈願しておきます!

SPONSORLINK

ABOUTこの記事をかいた人

大切な方へのプレゼントや贈り物探しのお手伝いをする情報サイトです。おすすめの品物はもちろん、人気ランキングや作法・マナーもご紹介しながら人生の節目やお礼など色んなシーンで喜ばれるものをまとめています。