お年賀の作法・マナー|新年のご挨拶の意外と知らない常識

SPONSORLINK

その年の始まりのご挨拶「お年賀」。

日本ならではの伝統的なイベントにはルールやマナーなどがたくさんあります。
時代とともにそういった”しきたり”の感覚が薄れていってはいますが相手の方が作法に詳しかったり目上の方の場合、贈る側にそんなつもりがなくても失礼や無礼だと感じさせてしまうかもしれません。
贈る相手だけでなく自分も恥をかかないためにしっかりとそのルールを理解しましょう。

日頃お世話になっている方へ感謝の気持ちをこめてこれからの一年の最初のご挨拶をしましょう。

 

 

 

SPONSORLINK

お年賀とは

お年賀とは

古くよりお正月には新しい年の神様(年神様)をお迎えし祀る習慣があります。その挨拶回りの際に年神様を祀る神棚や仏壇へのお供え物を御歳魂(御年玉)として互いに持参した習わしが起源とされています。

その風習が手土産を持っていくというかたちに変わり、今では新年ご挨拶の贈り物として目下の人や子供たちへは「お年玉」、目上の方には「お年賀」と表書きをして贈られるようになりました。

 

 

贈答様式

贈答様式

 

いつ贈るもの?

お正月の三が日(1月1日~3日)から松の内(地域によって違いはあるが関東では1月1日~7日、関西では1月1日~15日が一般的)の間に贈るのが一般的なお年賀です。
松の内を過ぎて贈る場合はお年賀ではなく寒中見舞いとしましょう。

もしこれらの期間を過ぎてしまった場合でも新年のご挨拶としては1月20日までとするようにしましょう。

 

贈る相手と金額の目安

お年賀は年始の挨拶に直接訪問した際に持参する手土産であるため「誰に贈るのか」によって贈るものも変わってきます。

  • 近所:1000円~2000円
  • 親類、知人、友人、仲人:3000円~5000円
  • 目上の方、取引先:5000円~7000円

あくまでも目安ですが、日ごろお世話になっている度合いで差をつけるのが一般的です。
ただしあまり相手の負担になりすぎず先様に喜んでもらえるのが大事です。

 

何を贈ると喜ばれるか

この時期は贈る側もたくさんの贈り物があるのでついつい同じものを贈りがちになってしまったり、またデパートやカタログにもたくさん商品が出てくる時期なので余計に迷ってしまうかもしれません。
家族構成、年齢、人数を考慮するのはもちろんのことですが、何よりも喜んで頂くことを第一に考えて選びましょう。

お菓子、お酒、缶詰、コーヒーや紅茶などの日持ちするものやその年の干支に関連するものがいいでしょう。もしお歳暮を贈っていない場合はお歳暮と同程度の品物でもいいと思います。

 

お年賀の熨斗(のし)

のし紙をつけ、水引は紅白5本の蝶結び、表書きは御年賀・御年始(賀正と入れる場合もあります)、お名前はフルネームで書きます。

お年賀は婚礼などと違って何度あってもいいお祝いなので紅白の蝶結びののしを使います。
包装紙の上からのしをつける「外のし」と包装紙の内側にのしをつける「内のし」がありますが、一般的には外のしの方がより改まった意味を持ちます。しかし一番外側にのしがあると折れたり破れてしまい見栄えが悪くなることもあるので内のしを選ぶこともあります。様式も大事ですが、気持ちを示すものでもあるので先様や品物によって判断しましょう。

 

SPONSORLINK

喪中のときにはどうするか

贈り主または先様が喪中のときには、事前にお断りの連絡を入れておいた上で三が日および松の内を避けて訪問するのがマナーです。また、先方に事情を説明したうえで欠礼しても失礼にはあたりません。

喪中の方へ挨拶に行く際には、のしは寒中見舞いとし商品のパッケージなども紅白や金の飾りなど過度な装飾なものはやめましょう。

 

お年賀のお返し

本来のお年賀は日ごろお世話になっている方に贈るものなのでお返しは基本的に必要ありません。
ですが、直接訪問する際の手土産ですので受ける側もわざわざ訪問してもらったことへの手土産を返礼として用意するのが礼儀です。

お返しの表書きは三が日や松の内、寒中であっても松の葉や御礼とします。
また相手が子供連れの場合はお年玉を渡すのが一般的です。

 

その他の疑問

その他の疑問

 

お歳暮とあわせて贈ってもいいものなの?

はい、大丈夫です。

年末にお歳暮をお渡しできなかった旨をお伝えして渡しましょう。その場合はお年賀だとしてもお歳暮相当のもの贈るようにしましょう。

 

子供へのお年玉で気を付けることは?

親類などの場合は現金を包むお年玉でいいですが、本来お年玉は目上の人から目下の人に贈るもののため上司や目上の方のお子さんの場合ではそれは失礼にあたります。

そういった場合は現金ではなく図書券や文具券などがいいでしょう。

 

お年賀として避けるべきものはなに?

装飾品や調度品、高価なものは避けましょう。

実用品などでもいいですが、贈る側の好みではなく先様の実用性を考えたものを贈りましょう。

 

 

SPONSORLINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

大切な方へのプレゼントや贈り物探しのお手伝いをする情報サイトです。おすすめの品物はもちろん、人気ランキングや作法・マナーもご紹介しながら人生の節目やお礼など色んなシーンで喜ばれるものをまとめています。