お歳暮のマナーと常識|意味や相場や熨斗、喪中のときにはどうするの?

SPONSORLINK

お歳暮のマナー、知ってますか?

実家など身近な人への贈り物ならばまだ良いのですが、会社や取引先など、仕事関係の付き合いとなるとあまり気軽に贈るわけにもいきません。
せっかく日頃の感謝を伝えたつもりでも、かえって心証を悪くしてしまっては元も子もないですよね。

気になる相場や喪中の方への対応など忘れがちなお歳暮のマナーについてまとめました!

SPONSORLINK

お歳暮の成り立ち

お歳暮の成り立ち

お歳暮は、もともと年(歳)の暮れ、年末を表す言葉です。
年の暮れになると、その年お世話になった人に贈り物を持参して回る習慣ができ、これを歳暮回りと言います。

その後、贈り物そのものを「お歳暮」と呼ぶようになりました。

この「年の暮れに贈り物を贈る」という習慣自体は江戸時代の取引形態に由来しているという説があります。
江戸時代の商品代金のやり取りは基本的に掛け売りでお盆や暮れの時期に半年分を一括で支払っていました。
この支払いをするとき、添え物として贈り物を渡していたのが今も習慣として根付いているようです。

お歳暮の熨斗(のし)

お歳暮の熨斗(のし)

贈り物をするときには熨斗をかけますがお歳暮のときにもやはり熨斗で彩りましょう。

水引は紅白の花結び(蝶結び)のものを選ぶのが一般的で蝶結びは「何度でも結び直せる」ことから「来年も贈れますように」という意味が込められています。

表書きにはそのまま「御歳暮」として下段に名入れをすると良いでしょう。
このとき、名前が水引や熨斗にかからないように注意してください。

お歳暮の相場

お歳暮の相場

いざ贈り物を選ぶときに気になるのが相場です。
安すぎると印象が悪いだろうし、かといって高すぎても嫌味かも……?

こちらでは、贈る相手ごとにご紹介していきます。

職場や取引先など

仕事関係の方への贈り物の相場は5000円程度。

これはあくまで目安で、付き合いの深さやお世話になった度合いなど相手方との関係によってかなり金額に違いが出てきます。

特別お世話になった方であれば10000円程度まででしたら、自分の負担にもなり過ぎず相手もそこまで遠慮せずに済むラインであるようです。

友人・知人

知人への贈り物の相場は3~4000円程度。
仕事関係の付き合いに比べると若干控えめとなります。

こちらも付き合いの深さによっては前後しますし相手が意識している相場に合わせるというのもアリですね。

近親者

両親や親戚などへの贈り物の相場は5000円程度。

特に身近な人への贈り物は、自分の年齢によっても前後します。
若いうちから無理に高額な贈り物をする必要はありませんが年を重ねながら柔軟な対応ができるようになっていくとスマートです。

その他お歳暮Q&A

その他お歳暮Q&A

うっかり忘れがちなマナーについてまとめました。
特に喪中の方への贈り物やお返しなど失念していると失礼にあたることもありますから気をつけておきましょう。

喪中の方へのお歳暮はどうすればいいの?

お歳暮は年賀とは違いますから基本的に贈り物をすること自体は問題ありません。
それでも気にされるという方は、あえて時期をずらして寒中見舞いとして贈ると良いかもしれません。

また贈る際、「紅白の水引を使わない」ようにしましょう。
紅白は当然「おめでたい」ものですから、喪中の方には余計です。
同様の理由でのし紙も「白無地」のものなどを選ぶと良いです。

SPONSORLINK

うっかりお歳暮の時期を過ぎてしまった

前項でも少し触れましたが、お歳暮の時期を逃してしまっても寒中見舞いとして贈れば特に問題ありません。
ただしこのとき、表書きをきちんと「寒中御見舞」などとしましょう。
間違っても「御歳暮」で贈らないように。

お歳暮のお返し

お歳暮は、「お返しは不要」というのがマナーです。
そもそもが「日頃の感謝を伝える」ものですから贈られる側は素直に受け取るだけで良いとされています。

とはいえ、まったくリアクションをしないというのも大人としては気持ちが悪いですよね。
そんなときは、お礼状を送りましょう。
もちろん、相手との関係によっては「こちらからも感謝を伝える」ということで贈り物を返しても問題ありません。
ただ、その場合でもお礼状は「先に送っておく」べきです。

まとめ

今回はお歳暮の基本的なマナーと相場をご紹介しました。
身内に贈る場合も多いかと思いますが、マナーが気になるのは大体は目上の方やお世話になった方、お仕事関係の方に贈る場合ですよね。

今後もより良い関係でいるためにも今回ご紹介したマナーをよく理解してお歳暮を贈りましょう!

SPONSORLINK

ABOUTこの記事をかいた人

大切な方へのプレゼントや贈り物探しのお手伝いをする情報サイトです。おすすめの品物はもちろん、人気ランキングや作法・マナーもご紹介しながら人生の節目やお礼など色んなシーンで喜ばれるものをまとめています。