手編みのマフラーをプレゼントしたい!初めて作るときのポイント|編み方・毛糸・時間の目安

SPONSORLINK

「手編みのマフラー」って、一度は編んでみたいですよね。

いざ編もうと思ったという方は、きっと渡したい誰かがいるはず。
その人のためにも、途中で投げ出すことがないよう基本的な部分や必要な道具について、きちんと確認しておきましょう!

というわけで今回は、手編みのマフラーを「初めて作る」方へ向けて押さえておきたい編み物の基礎や基本的な道具についてまとめました。

SPONSORLINK

マフラーの編み方の種類

マフラーの編み方の種類

まずは、数ある編み方の中でも「初心者にオススメ」の代表的で簡単な編み方をご紹介します。

かぎ編み

かぎ編みは「かぎ針編み」とも言い、「かぎ針」という道具を用いて編む編み方全般のことを指します。

編み物の基本中の基本の編み方であると同時にこれさえできればどんなものでも編める、万能な編み方でもあります。

棒針編み

棒針編みは「棒針」という2本の針を用いて毛糸を編んでいくかぎ編みと双璧を成す、編み物の代表的な編み方の一つです。

特にマフラーやセーターを編むのに適しているので手編みマフラーを編む場合は通常この編み方を用います。
続けて紹介する「1目ゴム編み」や「ガーター編み」も棒針を用いる「棒針編み」の一種です。

1目ゴム編み

1目ゴム編みは、表目と裏目を縦に1目ずつ交互に編んでいく編み方です。

横方向に伸びるのが特徴で、これだけでも十分かわいいものを仕上げることができます。
また、縦に「2目」ずつ編むと2目ゴム編みになりぐっとデザイン性を出すことができるようになります。

ガーター編み

ガーター編みは、表目と裏目を1段ずつ交互に編んでいく編み方です。

表を見ながら編む段、裏を見ながら編む段どちらもともに、表目だけで編んでいくことができるので非常にわかりやすくてオススメです。
編み目が波模様になるのが特徴で、表裏面の強度が等しくなるため両端が丸まってしまうのを防ぐことができるのもポイント。

初心者におすすめの毛糸の選び方

初心者におすすめの毛糸の選び方
SPONSORLINK

毛糸がストレートのもの

初心者の方は、「編み目の数えやすい」ストレートの毛糸を選ぶのが無難です。

ウェーブがかっていたり毛羽立ちに特徴のある毛糸などは編み目が目立ちにくく失敗も気になりにくいという利点がありますが、やはり初めはきちんと編み目を確認しながら編み方を覚えるところから始めましょう。

ウール100%のものを使おう

ウールは吸湿性と放湿性に優れていて、温まった空気を逃がしにくいため防寒具に用いられる素材として非常に適しています。

太さは並太(6‐8号程度)

「並太」とはそのまま並の太さの毛糸のことなのですがだいたいマフラーに使われる毛糸がこの太さです。

お店で探す場合は毛糸のラベルに書いてありますので参考にしつつ、手触りなども確認して選ぶと間違いありません。

編み物に必要な道具

棒針・かぎ針

棒針やかぎ針には号数やミリ単位で表示された太さがあるのですがこれは毛糸側のラベルを見ることで照らし合わせることができます。

毛糸のラベルによっては分かりにくいこともあるためそういった場合はお店の人に直接聞いてみましょう。

とじ針

セーターの脇をとじたり、靴下のつま先をとじたり、などなど作品の仕上げをするときに使うことになります。

毛糸の太さによって何種類かあるため最低でも2本は用意するようにしましょう。

はさみ

仕上げや繋いだ糸を処理する際に使うだけなのでこちらは特に裁縫用というわけではなく、工作用ばさみなどでもさほど問題はありません。

手編みのマフラーQ&A

手編みのマフラーQ&A

1mのマフラーの完成するまでの時間はどのくらい?

「だいたい1か月」というのがおおよそマフラーを一本編み上げるのにかかる期間です。

もちろん人によって1日のうちでかけられる時間は違いますし作業効率も千差万別なので一概に目安をあげることは難しいのですが、これは初心者や慣れていない方を想定した時間なので、初めての手編みでも少なくとも1か月ほど余裕を持てばなんとかなる、ということになります。

お金はどれくらいかかる?

マフラー一本分の毛糸が「700円」、かぎ針が「600円」、棒針が「500円×2」、とじ針が「600円」というのが大体の目安になります。

編み方によって、かぎ針編みならば「1900円」、棒針編みならば「2300円」など多少差はありますが、いずれにせよ2000円程度を目安に考えておけば道具や材料を揃えることができます。

SPONSORLINK

ABOUTこの記事をかいた人

大切な方へのプレゼントや贈り物探しのお手伝いをする情報サイトです。おすすめの品物はもちろん、人気ランキングや作法・マナーもご紹介しながら人生の節目やお礼など色んなシーンで喜ばれるものをまとめています。