二人目の出産祝いのプレゼント|お揃いにする?上の子には?

SPONSORLINK

二人目となると、出産祝いの贈りものはとても難しくなります。
育児グッズはだいたい揃ってるだろうし、服はおさがりで、おもちゃも持ってるだろうし……。

でもでも、二人目だからこそプレゼントできる贈りものもあるんです。
選び方のポイントと併せてオススメのプレゼントも紹介しますのでぜひ参考になさってみてください!

SPONSORLINK

二人目の出産祝いの選び方のポイント

二人目の出産祝いの選び方のポイント

下の子に特別感がでるもの

ベビー服やタオルなど、おさがりで利用することが多いですが

下の子の名前を印字してプレゼントすることで「その子のため」の贈りものとして特別感が出ます。
おさがりがあるものは贈る必要がないのではなくおさがりがあるものだからこそ下の子専用のなにか、を考えてあげましょう。

上の子にも配慮できると◎

下の子が生まれると、上の子がおざなりになってしまいがち。

そこで、下の子の贈りものと合わせてお揃いのリュックや一緒に遊べるおもちゃなど上の子にも配慮したプレゼントを考えましょう。

汚れやすいものや消耗品は定番

タオルやガーゼハンカチなどの消耗品は何人目の出産でもありがたいものです。

むしろ、上の子の世話もあるお母さんにとっては1人目の時よりも買い物の手間が増えるのでベビーフードの詰め合わせなどなどとにかく実用的な消耗品は安定して喜ばれます。

二人目の出産祝いのプレゼント

ベビー服 PETIT BATEAU(プチバトー)

ベビー服 PETIT BATEAU(プチバトー)

こだわったベビー服を贈るなら、着心地の良さに定評があるプチバトーのコットンカーディガンがオススメ。

トレンドをほどよく組み込んだデザインはシンプルながら遊び心もあって、あらゆる状況で活躍します。

SPONSORLINK

スリーパー Organically(オーガニカリー)

スリーパー Organically(オーガニカリー)

赤ちゃんに着せるものの中でも少し変わり種をと考えている方には、代官山のオーガニックコットン専門店である

オーガニカリーのベビーバスローブならきっと他の人と被りません。
なんとタオルで有名な今治産ということでデザインはもちろん、その使い心地の良さは間違いなし。

名入れ食器

名入れ食器

下の子向けに特別感のあるプレゼントを選ぶなら名入れするのが一番です。
特に、上の子のときに一式揃えてしまっている食器類などは自分ではなかなか買わない物なのでオススメ。

兄弟でお揃いの洋服

兄弟でお揃いの洋服

上の子にもプレゼントを贈るなら、年の差にもよりますがサイズ違いでお揃いの洋服をプレゼントすると姉や兄としての自覚も育めて素敵です。

ただし、二人分となるとブランドによってはそれなりに予算がかかってしまいます。
お返しのときに負担にならないようあまり高価過ぎないものをチョイスするのがベター。

兄弟で楽しめるもの

兄弟で楽しめるもの

例えば簡単な積み木などの知育玩具なら2~3歳の上の子も一緒に遊ぶことができます。

あまり年が離れていると上の子が興味を示してくれない場合もあるので工夫が必要ですが姉妹・兄弟で一緒に遊べるおもちゃがあると、親御さんも大助かりです。

絵本

絵本

おもちゃは上の子のものがあるからもういらない、という方もいます。
そういうときは、絵本ならばかさばらず何冊あっても良いものです。

二人目の出産祝いとして贈る場合は、定番の絵本ですと高確率で被る可能性があるので、最新刊をチョイスするなどそれなりに気を使ってあげましょう。

おむつやガーゼハンカチなどの消耗品

おむつやガーゼハンカチなどの消耗品

前述の通り消耗品は定番ですが、「おむつケーキ」を贈る場合は注意が必要です。

1人目のときにいくつかもらっているお母さんの場合「いちいちパッケージから取り出すのが面倒」などの理由で変に装飾したものよりもそのままプレゼントされた方がありがたいのだとか。

この辺りは相手との関係性にもよるのですが贈る方によってはシンプルなスタイルの方が喜ばれるようです。

アルバムやデジタルフォトフレーム

アルバムやデジタルフォトフレーム

上の子に比べて、写真が少なくなると言われがちな二人目以降の赤ちゃん。
だからこそ、フォトアルバムを贈ることで写真を残すことを提案してあげましょう。

デジタルフォトフレームなら上の子と一緒に撮った写真なども飾れて日々更新していく楽しみがあります。

出産祝い用のカタログギフト

出産祝い用のカタログギフト

カタログギフトなら、お母さんが欲しいものを選ぶことができます。

カタログギフトにもいろいろあって、出産祝い用のものだけでもギフトを選んだあとアルバムとして使えるものやおむつケーキとギフトがセットになったものなどなど。

育児を頑張るお母さん向けにスイーツカタログなども気が利いていておしゃれです。

図書カード、おもちゃのギフト券、商品券

図書カード、おもちゃのギフト券、商品券

いわゆる金券の類は、贈りものとしては「味気ない」イメージもありますが、もらう側としては「いつでも使うことができて」非常に助かります。

どんなものを贈っても不安が残るものですが金券ならば「絶対に」喜んでもらえる安心感がありますね。

 
SPONSORLINK

ABOUTこの記事をかいた人

大切な方へのプレゼントや贈り物探しのお手伝いをする情報サイトです。おすすめの品物はもちろん、人気ランキングや作法・マナーもご紹介しながら人生の節目やお礼など色んなシーンで喜ばれるものをまとめています。