七五三のマナーとルーツ|いつ何歳の子供のお祝いかしっかりと理解しよう!

SPONSORLINK

七五三と言えば子供の成長を祝う行事ですがその際に気にするべきマナーやルーツはご存知ですか?

どうして「七・五・三」なのか、どうして11月15日なのか。
「そんなこと知らなくても祝えるよ!」と言われればそれまでなのですが、せっかくならそこに込められた思いもきちんと知っておきましょう!

SPONSORLINK

七五三のルーツとは

七五三のルーツとは七五三のお祝いのルーツは、室町時代から続く儀式「髪置(かみおき)」「袴着(はかまぎ)」「帯解(おびとき)」にあると言われています。

髪置(かみおき)は3歳の女児・男児の儀式

文字通り「髪を置く」儀式。
その当時、子供は3歳になるまで髪を伸ばすことを許されておらず、この髪置の儀式を境に髪を伸ばすことを許されたそうです。
男女の区別なく行われ、儀式において子供の頭に「白髪を乗せる」ことから「髪置」という名前が付いたようです。

袴着(はかまぎ)は5歳の男の子の儀式

5歳になった男の子だけが行う風習で幼い子供が人生で初めて「袴を着付ける」儀式です。
当時から袴は正装の意味合いを持っていましたからこれを境に、社会の一員に加わったことを表していました。

帯解(おびとき)は7歳の女の子の儀式

「帯を解く」儀式で7歳を迎えた女の子のためのものです。
7歳未満の女の子は通常、胴の部分に付け紐と呼ばれる紐を縫い付けた着物を着ていましたが、7歳になるとこの付け紐(帯)を解き、大人の女性が着ける帯を締めることが許された、と言われています。
袴着と同じく、1人の女性として社会に加わることを表しています。

七五三はいつから11月15日?

これらの儀式には当初年齢の区別がなく今のような七五三のスタイルになったのは中国の陽数(奇数は縁起が良いとされる)の思想が関係しているようです。
七五三は、このようにさまざまな儀式や思想が礎となり明治時代にはほぼ現在の七五三の形になったと言われています。

また祝う時期が11月15日になったことにも諸説あり、

  • 「鬼宿日」と呼ばれる吉日に当たるため、鬼に邪魔されずお参りできるから
  • 五代将軍綱吉の子、徳松の髪置きが行われたのが11月15日であったから

などなど、理由はともかくおめでたい日であることに違いはありません。

 

お祝いを贈る時期はいつ?

お祝いを贈る時期はいつ?

七五三のお祝いをするのは11月15日前後ですから贈る時期もやはりそれを目安にすることになります。
早ければ10月中旬ごろから、お祝い当日の11月15日前まで。

七五三のお祝いは、遅れるくらいならば早すぎる方が喜ばれます。
お祝いするご家庭が何日ごろお参りするかなど確認して当日に間に合うように贈りましょう。

 

七五三の熨斗(のし)

七五三の熨斗(のし)

七五三のお祝いを贈る際の熨斗には水引が赤白の蝶結びを選びます。
これは「何度でも結び直せる」=「何度でも嬉しい事」という意味が込められています。

表書きには「祝七五三」でしたらどの年齢にも書けます。
また祝う年齢によって、

  • 「賀御髪置」……3歳
  • 「賀御袴着」……5歳の「男の子」
  • 「賀御帯解」……7歳の「女の子」

と使い分けることができます。

5歳はどうして男の子限定なのか、7歳はどうして女の子限定なのかルーツとなった行事を知っていれば、迷う必要はありませんね。

 

七五三に贈ると喜ばれるもの【女の子編】

七五三に贈ると喜ばれるもの【女の子編】

特に女の子の七五三に贈ると喜ばれるものは、

  • 晴れ着
  • 扇子、草履、靴など小物類
  • 髪飾り
  • ワンピース、ドレス
  • カバン

などなど、身に着けるものがほとんどです。
晴れ着一式は購入するとなるとかなり値段が張りますから親類などから贈ってもらえるとありがたいですよね。

またお出かけ用のワンピースやドレスなど、ほかのシーンでも活用できる衣装はやはり喜ばれるようです。

 

七五三に贈ると喜ばれるもの【男の子編】

七五三に贈ると喜ばれるもの【男の子編】

特に男の子の七五三に贈ると喜ばれるものは、

  • 草履、靴など小物類
  • スーツ
  • 文房具
  • スポーツ用品
  • おもちゃ、ゲーム

女の子同様、袴や草履が含まれつつも、それ以外にはおもちゃやゲームなど、遊び道具が喜ばれるようです。
品物選びの際は、お祝いするお子さんの両親に素直に相談すると間違いがなくて良いかもしれません。

 

まとめ

今回は七五三のお祝いのルーツと熨斗、また喜ばれる贈り物をまとめました。
七五三は子供のお祝いと知りながらも、いつ何歳で女の子男の子のどちらが対象なのかはちゃんと理解している方はすくなかったのではないでしょうか?

昔の習わしとはいえ、その成り立ちを理解してお祝いしましょうね!

SPONSORLINK

ABOUTこの記事をかいた人

大切な方へのプレゼントや贈り物探しのお手伝いをする情報サイトです。おすすめの品物はもちろん、人気ランキングや作法・マナーもご紹介しながら人生の節目やお礼など色んなシーンで喜ばれるものをまとめています。