バレンタインデーの起源と由来は?なぜチョコレートを贈るの?

SPONSORLINK

2月14日はバレンタインデー。

女性から男性へチョコレートを贈る日としてデパートや街は賑わい、女性はお菓子を手作りしたりチョコを買いに行ったりと忙しく、反対に男性はどこかソワソワする日ですよね。

そんなバレンタインデーですが、そのルーツをご存知でしょうか?
今では女性から想いを寄せる男性へチョコレートを贈る幸せな日ですが、そうなるまでのとっても長い時間がかかりました。

今回はちょっぴり切ないバレンタインデーのルーツをご紹介したいと思います。

SPONSORLINK

バレンタインデーの由来

バレンタインの由来

そのルーツは時を大きくさかのぼって3世紀ごろのローマだと言われています。

当時は、女性から男性にチョコを贈るものでもないし2月14日でもない、ましてやバレンタインデーなんて名前でもなかったんです。

バレンタインの名前の由来はこの人

その名前の由来はと言うと、キリスト教の司祭バレンタイン。

当時、兵士たちは家族との別れを惜しみ戦地へ行くことを拒む慢性的な兵士不足でした。そんな状況をローマ皇帝クラウディウス2世は、家族を持つことが軍の維持と士気低下につながると考え、兵士たちに結婚禁止を命じました。

しかし結婚を望む声も多く、そんな兵士たちにこっそりと結婚式を執り行っていたのがバレンタイン司祭でした。

なぜ2月14日なの?

隠れて結婚を後押しするバレンタインをローマ皇帝は許すはずもなく、投獄され後に処刑されてしまいます。

その日が2月14日だったのです。

でもまだ2月14日がバレンタインデーです、とはいかなくてさらに時は流れます。

バレンタインデーの誕生

バレンタイン司祭の処刑から約200年後のローマ。

2月14日には独身の男女がくじ引き形式でカップルを決めるルぺルカーリア祭という伝統的なお祭りが行われていました。
しかし風紀的な問題を感じたキリスト教はルぺルカーリア祭を廃止し、その代わりに殉教したキリスト聖人を祀る日すると定めます。そこで選ばれたのが200年前に恋人たちのために命を落とした、かのバレンタイン司祭でした。

そのときからキリスト教で2月14日は聖バレンタインの日、つまりバレンタインデーと呼ばれるようになりました。

 

日本のバレンタインデーのルーツ

日本のバレンタインのルーツは

長い間キリスト教のお祭りだったバレンタインデーですが、キリスト教圏でない日本に伝わったのはいつかというと戦前の1936年に神戸モロゾフ製菓(現在のモロゾフ)が「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」という広告を新聞に掲載したことが最初だと言われています。(諸説あります) 
また同時にデパートが”恋人に贈り物をする日”としてアピールするも当時はそれほどインパクトもなく定着しなかったようです。

戦後1958年、メリーチョコレートが新宿の伊勢丹で”バレンタインには女性から男性へチョコレートを贈りましょう”というキャンペーンを行い、これこそが現在のかたちの日本のバレンタインのルーツと言えるでしょう。

その後、日本チョコレート・ココア協会が2月14日を “チョコレートの日” と制定し、食品やお菓子や百貨店なども加わって大々的に打ち出すことで日本に定着し現在に至ります。

 

どうしてチョコレートを贈るの?

なぜチョコを贈るのか

バレンタインといえばチョコレートを連想しますよね。当然世界のバレンタインでも女性から男性へチョコを贈るのかというと、実は違うんですね。
チョコを贈るのは日本ならではなんです。

メリーチョコレートが日本にバレンタインデーを持ち込む際に参考にしたアメリカ人記者の「バレンタインにギフトやチョコを贈る」というのを参考にした、など諸説あるとされていますが、大きくはお菓子業界全体で「バレンタインにはチョコを贈ろう」といった宣伝が大きいとされています。
また、女性から男性に贈るというのも、当時のデパートは圧倒的に女性の購買が高いからとされています。

チョコレートを女性から男性に贈るというのはビジネス的な大人の戦略があったのかもしれませんね(笑)

 

ホワイトデーのルーツ

ホワイトデーのルーツは

3月14日にバレンタインデーのお返しを男性から女性に贈る日ですよね。実はこれにはちゃんとしたルーツはありません。
日本では慣習化していてその習慣は中国や韓国には伝わっていますが、欧米ではそもそもそんな習慣はないんです。

じゃあどうしてそんな日があるのかというと、全国飴菓子工業協同組合(全飴協)という組合が1980年に、3月14日にバレンタインのお返しをしよう!という日を決めたんです。

これにも大人の事情が垣間見えますね(笑)

 

進化する日本のバレンタインデー

進化するバレンタイン

最初の進化はみなさんもご存知「義理チョコ」。
思いを寄せる人に気持ちを伝える日であったバレンタインに、「そうじゃない人にもチョコを贈ろう」という業界の策略。

女友達に贈る「友チョコ」。
男性から女性に贈る「逆チョコ」「逆バレンタイン」。
自分用にチョコを買う「マイ・チョコ」「自己チョコ」。

なんだかもう誰にでもチョコを贈ってる気がしますね(笑)

 

海外のバレンタインデー

海外のバレンタインデーはどうか

日本のバレンタインに対して海外のバレンタインはどういうものなのかも簡単にまとめてみました。

アメリカ

  • 男女問わず贈り物をする。最近では男性から女性に思いを伝える日と捉えてる人も多いようです。
  • チョコではなく定番は花とカード。告白の場であることもあるため高級なものを贈る場合も。
SPONSORLINK

ヨーロッパ

  • 恋人や親しい人などの大切な人との愛情や友情を確かめ合う日と認識している人が多い。
  • 花やカードが一般的。

イスラム圏

  • 宗教的に禁止している場合が多く、厳しい刑が科せられる場合もある。
  • 禁止されている一方でバレンタインの商品を販売する業者がいるのが実態。
  • 愛のプレゼントの意味合いが強く、贈り物は赤いバラなどが多い。

インド

  • ヒンドゥー教がバレンタインデー自体を禁止している。
  • 若い世代はバレンタインには男性から女性にチョコや花を贈ることもある。

中国

  • 中国都市部でバレンタインは「情人節」と言う1つの行事として祝うようになってきている。
  • 西洋的な色が強く、男性から女性にチョコを渡し、それだけでなく花やディナーなどワンランク上のデートをプレゼントするのが一般的。

韓国

  • 日本と同じく女性から男性に贈り物をする日。意味合いも同じで気持ちを伝える日と認識が一般的。
  • チョコレートを渡すのが定番で本命と義理チョコの風習もあるが、手作りチョコをあげる習慣は浸透していないようです。
SPONSORLINK

ABOUTこの記事をかいた人

大切な方へのプレゼントや贈り物探しのお手伝いをする情報サイトです。おすすめの品物はもちろん、人気ランキングや作法・マナーもご紹介しながら人生の節目やお礼など色んなシーンで喜ばれるものをまとめています。