定番の結婚祝いのプレゼント人気ランキング!相場と常識もご紹介

SPONSORLINK

結婚祝いになにを贈ればいいか迷っているあなた!

結婚祝いにも、贈って良いものと贈ってはいけないものがあるのをご存知ですか??
知っておかないと、かえって迷惑になるかもしれません。

気をつけたいマナーと合わせて、オススメのプレゼントもご紹介しますので、ご参考にどうぞ!

SPONSORLINK

結婚祝いの相場

結婚祝いの相場

相手方との関係によって、結婚祝いの相場はかなり変わってきます。

親から子へ

もしも相手がお子さんの場合、結婚式などですでに資金援助しているかもしれませんね。
その辺りの事情によっても変わってくるのですが目安としては10万円くらいまで、と言うのが相場のようです。

子供にはいくらでもお金を出したくなるのが親心ではありますがあまり高額な品物を贈りすぎると相手方が遠慮してしまいますのでご注意を。

近親者

相手が兄弟姉妹の場合は5万円。
相手が甥や姪ならば3万円。
その他の親戚ならば1~2万円。

こちらもやはり家庭によって前後しますから事前に家族同士で話し合っておくのがベストですね。

友人や職場の人

相手が友人や職場の方の場合は、ご祝儀の1/2~1/3くらいが目安。
具体的には1万円前後というのが相場のようです。

ただ、あまり高いものを贈ってしまうと贈られた側は内祝いとしてお返しをしなければいけないため相手の負担になりすぎないよう5千円~1万円を目安とすると良いかもしれません。

注意すべき贈り物

注意すべき贈り物

結婚祝いのプレゼントには縁起を担いだマナーが存在します。
しかし、現在では縁起よりも実用性を重視する傾向もあり贈られる側が気にされないタイプならば問題ないものも多いです。

刃物(包丁・ハサミ)

まず「縁を切る」ということから刃物全般は不適切だとされてきました。
ですが、包丁などは特に実用性十分ですし自分ではなかなか高いものを買いにくいということで喜ばれます。

SPONSORLINK

食器や鏡など

「割れる・壊れる」ということから割れ物全般が不適切だとされてきました。
ですが、刃物の理由と同様、高級な食器などは自分で買いそろえると大変なので、プレゼントとしてもらえるとありがたい、という意見も見られます。

しかし、こちらは最近では定番のプレゼントでもあるのでもらいすぎて困ったという話もちらほら……。
事前に相手のリクエストなども伺うと良いかもしれませんね。

ハンカチ

え、ハンカチも駄目なの?と驚かれる方も多いのではないでしょうか。

ハンカチは漢字で「手巾(てぎれ)」と書き、別れを連想させます。
またその用途から「涙を拭く」ことが連想されるなど結婚祝いに限らず贈り物としてネガティブなイメージを持たせる場合が多くあるのです。

気にされない方がほとんどであるのも事実ですが、念の為ハンカチをプレゼントされる場合はそういった受け取られ方をする方もいることを意識しておきたいですね。

結婚祝いの贈りものの人気ランキング!

結婚祝いの贈りものの人気ランキング!

特に喜ばれる贈りものをランキング形式でご紹介!

キッチン用品

先にご説明した包丁や食器以外にも結婚祝いとして喜ばれるキッチン用品はたくさんあります。

例えば新生活にひとつは欲しいフライパンやおしゃれでかわいいまな板などなど。
料理好きな方でしたら圧力鍋なんかも喜ばれますよ!

キッチン家電

お相手がコーヒー好きな方ならば、ちょっと奮発してコーヒーマシンなどいかがでしょう。
ちょっとお邪魔して挨拶をするときにも負担にならず話のタネにもなって良いかもしれません。

ペアグッズ

新婚さんへのお祝いとしては定番中の定番ですが、ペアグッズはやっぱり人気。
すでに用意されているかどうか確認が必要になりますがペアマグカップなど、毎日使うことができて実用性もあります。

生活家電

新生活であると便利な掃除機や空気清浄機。

今どき新婚生活はどうしても倹約生活になりがちですからちょっと高い生活家電をプレゼントとしてもらえると家事の助けにもなって喜ばれること請け合いです。

カタログギフト

どうしても贈りものが決められない方は素直にカタログギフトに頼るというのもひとつの手です。
これならば事前にリクエストを聞く必要もなく万が一無駄な贈り物をしてしまう心配もないですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は結婚祝いの常識や相場をご紹介しながら、よく贈られるプレゼントをご紹介しました!

おめでたいお祝いごとなのでマナーをしっかりと持ってお祝いしましょう!

SPONSORLINK

ABOUTこの記事をかいた人

大切な方へのプレゼントや贈り物探しのお手伝いをする情報サイトです。おすすめの品物はもちろん、人気ランキングや作法・マナーもご紹介しながら人生の節目やお礼など色んなシーンで喜ばれるものをまとめています。