アロマストーンとは?お手入れいらずに簡単に使えるアロマグッズ!

SPONSORLINK

アロマストーンというのをご存知ですか?

アロマディフュザーで優雅な時間を過ごしたりアロマキャンドルを焚いたり。心身ともにとっても安らぐ至福のひとときですよね。
でも使えば当然掃除やお手入れが必要だし、火を使うものはうっかりうたた寝なんてできません。

そんなときにはこのアロマストーンがオススメです。
今回はそのメリットとデメリットをまとめました。

SPONSORLINK

アロマストーンとは

「アロマストーンとは」とちょっと大げさですが、それ自体は素焼きの石です。
でもただの石ころではありません。動物やオシャレな容器に入っていたり、色んな柄が刻み込んであったりとインテリアにも使えるアロマグッズなんです。

心身ともに癒されるアロマグッズであると同時に、オシャレなインテリアグッズとして集めている人もいるくらいです。

アロマストーンの利点

火・水・電気を使わないのでいつでもどこでも使える

火を使わないのでベットのそばに置いておいてそのまま寝てしまっても安全ですし、電気を使わないのでコンセントの近くじゃなくてもOK!
水も使わないので定期的に補充する手間もありません。

安全面と手間の綿でも、一番安全で簡単なアロマグッズと言えます。

お手入れがいらない

特別な掃除やお手入れは必要ありません。普段のお掃除の中で軽く拭いたりするだけで十分です。

小さくてオシャレ

場所をとらないのでリビングなど普段の生活空間だけでなく、トイレや車などにも気軽に置けます。

動物の形のものなんかはたくさん集めて飾ればアロマが香るおしゃれな動物園が作れます(笑)

価格が安い

安いものだとひとつ500円台から探せます。
アロマを広げる役割のアロマディフューザーを買うのと比較したら破格ですよね。

色んな種類もそろえられるし場所によって香りを変えるなんてこともしやすい!

 

アロマストーンのデメリット

SPONSORLINK

効果時間が短い

どんなストーンを使うかにもよるしオイルにもよるので一概には言えませんが、効果時間は半日~1日程度だといわれています。

キャンドルのように固形物を溶かして気化させたりディフュザーのように拡散するものではなくて、石に染み込ませたオイルが自然に気化していくのを楽しむものなので家の中のものに香りが残りづらいです。

範囲が狭い

これも基準が難しいですが、オイルを使ったら「自分のいる空間」程度が効果範囲。

大きな部屋には向きませんがトイレ、車、洗面所、キッチンやお風呂などの比較的狭い空間や区切られた空間には最適です。

 

アロマストーンの使い方

オイルを数滴たらすだけ!

そうなんです、めっちゃ簡単なんです。

香りを楽しみたい場所や残したい場所にアロマストーンを置いて、アロマオイルを数滴たらすだけでOKです。
ポイントは「数滴」。つけてすぐに香りが広がるものではないので付けすぎると逆に強すぎる香りになってしまいます。

敷物などは必要な場合も

石だけを置いてもいいのですが、オイルを付けた直後や吸収が遅い石もあります。
そういった場合はオイルが吸収しきらず周りを汚してしまいます。

お皿やマットなどを敷いて使うほうが無難です。

 

アロマストーンのオススメブランド

アロマストーンのメリットは十分ご理解いただけましたよね!

こちらの記事でアロマストーンのおすすめブランドもご紹介していますのであわせてご覧ください!

簡単!安全!人気のアロマストーンブランド5選+おすすめ設置場所!

2016.02.24
SPONSORLINK

ABOUTこの記事をかいた人

大切な方へのプレゼントや贈り物探しのお手伝いをする情報サイトです。おすすめの品物はもちろん、人気ランキングや作法・マナーもご紹介しながら人生の節目やお礼など色んなシーンで喜ばれるものをまとめています。