【ホワイトデー】義理チョコのお返しに贈ると好感度がUPするお菓子&プレゼント

SPONSORLINK

ただでさえ悩むホワイトデーのお返し。本命の女性にはたっぷり時間とお金を使って悩むのは苦じゃなくても、義理チョコのお返しには「コレでいいか」と簡単に決めてしまっていませんか?

確かに男性にとって難しいことかもしれませんが、それでは好感度が下がってしまいます!もしかしたら給湯室でネタにされてしまうかも(笑)

今回はそんな悩みとネタにされるのを回避するために(笑)、義理チョコのお返しについてまとめてみました。
これで女性からの好感度もUPするしネタになんてさせない!!!

SPONSORLINK

そもそも義理チョコにお返しは必要?

お返しは必要なのか

贈り物を頂いたのだからお返しは必要です!男性はこのホワイトデーという行事にビビりすぎなところがありませんか?

あるアンケートでは義理チョコのお返しに対して「何もいらない 42%」「クッキーなどお菓子 43%」との回答がありました。つまり85%もの人は高級ブランドバッグを求めている訳ではないんです(笑)
ちなみにこの「何もいらない」人は本当に何もいらない訳ではありません。期待されていないからこそ喜ばれるものです。

ホワイトデーに義理チョコのお返しは、ちゃんと「ありがとう」を伝えてお返しをしましょう!

 

お返しの相場はどのくらい?

お返しの相場はどれくらいなのか

一般的には、バレンタインの義理チョコの相場が600円前後なのに対して、そのホワイトデーのお返しは1000円前後だと言われています。男性の方がちょっと高いですがやはり1000円程度をみておけばいいでしょう。もちろんそれ以上でもOKです。

巷では3倍返しなんて言われたりもしてますが、義理チョコのお返しの場合に何よりも大事なのは、

  • まとめてお返しはNG(男性みんなから女性みんなへ、などなど)
  • 義理チョコより安い(安っぽい)のは贈り物として非常識

直接贈り物を贈るのは男性は恥ずかしかったり苦手な方が多いですが、「みんなから」といった感じでやっつけ感を出すのはやめましょう。
またお返しの贈り物は、一部の場合を除いてどんな時でも同程度かそれ以上が一般的です。実際に安いものは当然NGだし、安っぽいものをプレゼントするのはわざわざ反感を買いに行くようなものです。

 

義理チョコのお返しの二つのポイント

ポイントはふたつ

基本的には同じもの、バリエは色や種類で

一番気を付けないといけないのは、義理チョコ返しの中で”差”が生まれてしまうこと。「あの子のはちょっと高そうなのに私のは・・・」みたいなところは女性はとても気にします。

基本的には同じ相場の物を贈るようにして、バリエーションを持ちたいときには色や種類を揃えて「好きなのを選んで」とみんながいるときに選んでもらうのがいいでしょう。

数を揃える場合にはネットショップがおすすめ

実際にお店で購入してもいいのですが、この時期にはどの男性も購入するので在庫が少ない場合が多いです。
また、女性もののお店に行くのが苦手な男性も多いので、種類が選べてゆっくり吟味・比較できるネットショップは非常におすすめです。セットで購入するとお店で買うより割引になることも多いです。

プレゼント用の包装、そのブランドの小分けの袋や翌日配送など十分なサービスもそろっているので困ることはほとんどありません。

 

小分けで安さを感じさせないお菓子BEST3

義理チョコのお返しとはいえお菓子を探すときのポイントは「名前が知られているブランドのお菓子の小さいサイズ」を探すことです。
逆に安いものの中から良さそうなものを探しても結局は安っぽい感じが出てしまうので避けた方がいいでしょう。

GODIVA(ゴディバ)のクッキー

ゴディバのクッキー

意外に思われるかもしれませんがゴディバのクッキーは500円台から選ぶことができます。クッキーでなくても二個入りのチョコでも同じくらいの相場で探せるので非常におすすめです。

ゴディバをもらって嬉しくない人はいないでしょう。

DALLOYAU(ダロワイヨ)のマカロン

ダロワイヨのマカロン

マカロンは今ではちょっと高級なお菓子の定番。なぜ女性があんなに騒いでいるのか分からない男性でもこのダロワイヨのマカロンははずすことないお菓子です。

SPONSORLINK

papabubble(パパブブレ)のキャンディー

パパブブレのキャンディー

何といっても見た目が可愛い!瓶詰めで日持ちもするし持ち運びもできるので喜ばれるでしょう。同じ相場のものでも中身の柄が違うものがたくさんあるので、たくさんの方に贈る場合には選ぶ手間も省けて良いものを探せるので一石二鳥ですね!

 

女子ウケ間違いなし!好感度UPのプチ雑貨BEST3

選ぶときのポイントは「使い切ってなくなるもの」と「普段から使わないちょっと良いもの」!
プレゼントとは言え愛を込める訳ではないので”ちょっと良い消耗品”のポジションは大事です!!

L’OCCITANE(ロクシタン)のハンドクリーム

ロクシタンのハンドクリーム

女性なら絶対に一度は使ったことがあるであろうこのロクシタンのハンドクリーム。1000円前後から選べるし香りの種類が豊富なので贈り物としては最適です。

女性同士の贈り物でも定番のひとつのブランドなので贈れば「分かってるなぁ」「センスあるなぁ!」と思ってもらえるプレゼントの代表です。

LUSH(ラッシュ)の入浴剤

ラッシュの入浴剤

入浴剤は毎日使う人や、ちょっとしたインテリアやアロマ効果でコレクションしてる人もいるほど。だからこそ使ってもらう入浴剤としておすすめなのがこのラッシュの入浴剤。

お風呂という非常にプライベートな空間なので、贈り物として相応しくない場合もあるので、贈る方との関係性を考えたうえで贈りましょう。

YANKEE CANDLE(ヤンキーキャンドル)のアロマキャンドル

ヤンキーキャンドル

アロマキャンドルは結構大きくて意外とプライスが高いものですが、このヤンキーキャンドルは一番小さいサイズならお手頃価格で色んな種類から選ぶことができます。

お部屋やトイレ、ベッドルームなどには火をつけずに置いておくだけでもいいし、小さいのでちょっと火をつけてすぐに消して、みたいな使い方もできるのも嬉しいポイント。

SPONSORLINK

ABOUTこの記事をかいた人

大切な方へのプレゼントや贈り物探しのお手伝いをする情報サイトです。おすすめの品物はもちろん、人気ランキングや作法・マナーもご紹介しながら人生の節目やお礼など色んなシーンで喜ばれるものをまとめています。